2020年3月30日月曜日

 昨日は家具のお届けをして来ました。
移住前からお話を頂いていたお客様の依頼で、1年以上もかかってしまったことを申し訳なく思いつつ・・・。

でも、お客様が「お〜!!!良い〜〜」って言って下さり僕は安堵しました。

写真はTV台ですが、中央の下の空間には古い和箪笥が収まる設計です。

お客様のお宅で設置が終えられると、あたかも始めからこうだったかのように和箪笥とTV台がマッチしていました。

こうしてお客様と繋がれることに感謝です。
ありがとうございます!!!

***

西和賀の寝雪もどんどん消えて、樹々の枝も若葉が芽吹くような雰囲気を醸しだしてきました。

今日は、家の窓の雪囲いを外したり、草刈りがし易いように雪で折れた枝を拾ったり、除雪機を洗って納屋にしまったり・・・。仕事以外にそんなことをしようかと企んでいます。

家や建物は、住む人や使う人の雰囲気が現れるとよく言いますが、そうなのかもしれませんね。

僕が師とする高橋佳子氏はこう言っていました。

「人の心が現実を生み出す」
「目の前の現実は心の現れである」
これは否定しようがない真実

と。

つまり、心と現実は切り離せない関係があると。


さて。
自分の住まいは?といえば・・・。

所々、後回しにしている箇所があります。
ずっと気になっているけど・・・
「ま、分かってる。後でやるから・・・」という僕の心がそのまま現れている現実。
なんとかなるさ〜・・・っていう侮りの心です。
中途半端な箇所があちらこちらに目につきます。(汗)

つまり、家の佇まいを観れば、そこに住む方がどんな人か分かっちゃうってこと?

家の佇まい = 僕

・・・なんだか恥ずかしい(苦笑)


防犯カメラを何台もつけてる家も見たことがあります。
「周りのことを信用出来ず、自分に対して何か悪意を持って仕掛けてくる奴がいるに違いない!」
って思ってる人が住んでるんだろうなって思いました。

nokkaは、誰でも気軽に訪ねて来てもらえるような、そしてここに来て少し癒やされて希望を持って帰っていけるような、そんな場にしたいですね。

って、願って工房や土地に手をかけていけば、そんな佇まになって行くのかな・・・。

楽しみながらやりたいと思います。








2020年3月16日月曜日


3日ほど前、朝の6:30

誰か来た!?

近所の方が町内配布の冊子をもって来ました。

この地域は、朝の6時台に家に伺ってもさほど迷惑じゃなく、普通に皆、活動しています(笑)

「今朝はしばれた〜。かた雪だ〜。」って言っていたので、 僕も長靴を履いて家の前の山へ歩いて行ってみました。

上の写真は、かた雪のザラメ状の結晶が朝日を反射してダイヤモンドのように色とりどりの光を放っていました。

草が伸びると夏は藪になっていて入れませんが、この時期はどこでも行けます。
改めて、遠くから工房を眺めてみて、なんだか馴染んできたな〜って感じました。

今年の西和賀町は記録的な雪不足のため、雪解けも早く「ばっけ(フキノトウ)」も次々と出てきています。

でもまだ3月。
やはり時々雪景色にもなりますが・・・。
それでももう雪かきをするほどではなく、積もってもすぐに消える雪です。

工房内では、オーダー家具のTV台が完成し納品待ち状態で、その合間でKottiの製作をし、明日からはデスクの製作にとりかかり、月末はまたKottiの製作の予定です。

さてさて・・・。
西和賀町は静かです。

TVやインターネットの情報をいち早く取り入れるのも良いですけど、大自然の声を聞き取るのも良いものですよ。

マスクが無くなるから買っておいたほうが良い!
トイレットペーパーが無くなるってよ〜!
って。

誰かの情報がコロナウイルスのように広がる。
情報に感染したことも気づかぬように本気に信じてしまう。
本質を見抜く事ができずに・・・。

沢山ストックしてる方がさらに買い占めてたりしてるんじゃないのかな・・・?

大自然は、それぞれ必要な分だけ、栄養を大地や大気や日光から頂いて命の営みを続けているのに。

ね。

人間は心があるもんだから、
人間は思考できるもんだから、
貯める貯める。
不安だから、安心したいから、
余っても貯める。
腐るまで貯める。

それにやっきとなってるうちに、綺麗な季節の移り変わりを見逃してしまっていないかな・・・。


「東北も春が来ますよ!」









2020年2月12日水曜日

記録的な雪不足の西和賀町。
「70年生きてきてこんな冬初めてだ・・・」って地元の方が言ってました。

でも「雪が少なくて楽で良いな〜!」って言ってる方はいなくて、皆さんどことなく物足りなさを感じてるようにも見えます。

結局、この地に住む方は何だかんだ言って雪が好きなんでしょうかね・・・。

工房はご覧のとおり、窓が入り、薪ストーブが設置されどうにかこうにか作業できるように整って来ました。

今までの仮工房の時には、窓がなくて作業をしていても憂鬱な気分になることがありましたが、ようやく作業の合間にふと外へ視線を送れるようになり、気分的に作業がはかどるような気がしています。

薪ストーブは今のところ小さなタイプが1台設置されてるだけなので、暖房能力が十分ではなく外気温プラス5℃位しか温まりません。
それでも、風が入ってこないだけでだいぶ暖かな感じもします。

出来てしまえば当たり前に見えますが、工房を作り始めた更地の状態の時から今に至るまで、相当手間と体力と知恵を使ったな〜って深いため息がでます。
これからはこの工房から作品が生み出されて全国のお客様へお届けするようになります。
「いい作品が生み出されますように・・・」
そんな願いを中心に置いて手がけたnokkaの工房。
この先どうぞよろしくお願いいたします。

2020年1月10日金曜日

2020年
本年もどうぞ宜しくお願い致します。

新年がスタートし、はや10日。
今年のお正月は自宅で静かに過ごしました。

TVも殆ど見なかったな・・・。

っていうか、元旦は休みましたがずっとKottiの製作をしていました。
でも、苦しみながらではなく、なるべく喜びながら作るように心を整えて向かえていたと思います。

しかし、現在ご注文数に製作が追いついていなくて2ヶ月ほどお待ち頂いてますこと、本当に申し訳ございません。。。(殆ど休んで無いんですが、どうしても作業時間がかかるKottiでございます)
順番に製作して出荷しておりますので、どうか楽しみにお待ちいただけましたら幸いです。

さて、西和賀はと言いますと。
雪不足です!!!
特別豪雪地帯の町が雪不足って言うのも妙な感じがしますが、それくらい雪が少ないようです。

地域の皆が「こんな1月見たこと無い!」って言います。
雪かきをしなくて良いのは助かりますが、地球環境の観点からすると異常なのかもしれません。

移住してきて初めて迎える冬ですが、どうかな。。。?
これからドカドカ降るんだろうか。。。?
不安な気持ちもありますが、でも雪かきは僕は嫌いじゃないんです(笑)

仕事も雪かきも頑張ります!!!





2019年12月31日火曜日

 2019年も今日が最終日。
今年は大きな一年でした。
いや、今年も・・・か。

人生において移住という経験はそんなにないこと。
生活の拠点を奥羽山脈の懐深い地へ移した一年。
6月に移住し、半年しか過ぎていませんが生活は大きく変わりました。


移住したことの「意味」
それはまた追ってブログで書き綴りたいと思います。

雪に悩まされた工房づくりは、木の器をつくる作家「藤原準さん」と地域おこし協力隊の「金子さん」にお忙しい中お手伝い頂き、屋根を無事かけ終わり先日工房内には主照明もつけて、いよいよ機械などの移設をして本工房で作業が出来そうな段階になってきました。

窓やドアなどはまだまだこれからですが、今までの狭い仮工房から広い本工房へ移動して、作業効率も上がることを期待しながら本年を締めくくりたいと思います。

今年一年も本当に数多くの方々の助力や励ましを頂きました。
こうして頂いた恩恵を来年は作品作りに還元して、多くの方に歓んで頂ける仕事をしたいと思います。

2019年。ありがとうございました!
そして
2020年。一段と頑張りたいと思います!


2019年12月7日土曜日

 3日で1m!
1メートルですよ!

西和賀の雪。

朝と夕方、除雪機で除雪しても除雪しても除雪しても・・・。

仕事になりません(苦笑)
 現在まだ、本工房の屋根がかかっていないのに屋根がかかったような積もり方。


見方によっては、アートだ!

でもこの雪を落として床から外に出して、除雪機で飛ばす作業にほぼ1日かかってしまいました。

あーもう笑うしかねーなー。

2019年12月3日火曜日

久しぶりの家具の写真です。
11月12日に宮城県大崎市へお届けして来ました。nokkaならではの天板の表面に板接ぎの目地を残した仕上げです。
無垢材の一枚一枚がきちんと存在感を出しています。
お客様も歓んで下さいました。

しばらく工房づくりの写真ばかりでしたが・・・。

工房づくり、Kottiづくり、時々クロスカントリースキーのコーチなどもしながら家具も作らせて頂いてます。




 さてさて、工房づくりの方はというと。

「試練」に次ぐ「試練」

11月15日。
見ての通り、工房の中に積雪(苦笑)

西和賀の自然は容赦ありませんね。

ホント抗うことができなくて、人間のチカラは自然の前では微々たるものだと痛感してしまいます。

これまで、僕は自然を相手にクロスカントリースキー競技を長年行ってきました。
ワールドカップ、世界選手権、オリンピック、海外の選手と戦うステージは常に寒い雪の上でした。そのための過酷なトレーニングも大自然の中で積み重ねてきた自負がありました。

でも。

スキー選手時代は環境を整えられた状態だから頑張れたのかも・・・しれません。
極寒の北欧でも、そこには温かい宿泊施設があり、レストランがあり、サウナもあり、
またコーチやトレーナーやスキーを手入れしてくれるスタッフもいて、僕はただ自分の事を頑張るだけで良かった。
それがいつしか、「僕は過酷なトレーニングを積んできた。だから自然の中、雪の上は得意」っていう自惚れになっていたのかもしれません。

「お前はたいしたことないよ」

って奥羽山脈の大自然が知らしめてくれてるようにさえ思えます。

写真の僕。

ちっちぇ(小さい)














雨が降ったり、雪が降ったり。晴れて雪が消えたりを繰り返して、その合間でKottiを作って、ようやく工房も梁をかけ終わった段階の写真です。

さ〜!!!
この日は天気が良いので、屋根の骨組み(垂木)をどんどんかけて行きましょう!
って意気込んでいた11月29日の午前9時の写真。



そして、午後3時の写真。


これだもん。。。
自然と仲良くするしかないね。







雪が降ったら、雪に心の波長を合わせて「静かに」雪の中で仕事をする。

雨が降っても慌てず、木が濡れても「もともと水をたっぷり含んでいた木」乾けば大丈夫。

風が強い時は、しばらく収まるのを待つ。

晴れた時は「ありがとう! ホントにありがたい!」

そんな事を心の中でつぶやくようになってきた今日このごろです。


 12月1日。
垂木をかけ終わりました。

そして、今日12月3日。
また雪が降り続いています。
しばらく続く予報です。

町の方々からは、
「屋根かかったか?」
と会う方、会う方から言われます。
国道沿いなので、みんな気にかけて下さっているのでしょう。
移住してきたばかりで、これから2mも雪が積もるのに、まだ屋根がかかってないだなんて・・・大丈夫か?って。

僕は苦笑するしかなくてね。。。