2018年4月26日木曜日

今日は、宮城県遠田郡美里町で介護事業を経営されてる方と、ノルディックウォーキングのインストラクターをされてる方がご一緒に工房へお越しくださいました。

お二人ともKottiのユーザー様ですが、介護事業をされてる方とは、今日初めてお会いしました。
その方が、どうしてもKottiを作ってる僕にお会いしたいと・・・♡
そして、実際にお使い頂いてる感想を沢山聞かせていただきました。
とてもとても励みになる感想でした。
まさに自分が開発して作ったかのように、Kottiを他の方へ紹介しているそうで、そのことが嬉しかったです。

Kottiは一つ一つ手仕上げです。
約50の工程を経て出来上がっています。
僕一人で一日に作り出せる数は20個程度。
なので時々、在庫不足にもなります。

お客様へお待ち頂くこともあり申し訳なく思いますが、でも今日のようなユーザー様のご感想を励みに製作しています。

実際、今日現在はチェリーの在庫がゼロ・・・。(汗)

ブログ書いてないで作業しなきゃ。。。とも焦るわけですが、このブログも僕のちょっとした息抜きとしてお許し下さいませ〜♪

さて、工房の周りの田んぼには水が入り始めました。
こうなると、一気にカエルが鳴き始めます。
nokkaのこの季節の「音」です。

では、今年最初のカエルの鳴き声に聞き耳を立てながら、今日もこの後またKottiづくりに励みます。

2018年4月14日土曜日

「木の靴べら」のご依頼を頂きまして、なかなかデザインが定まらず悩んでいました・・・。

たかが靴べら、されどnokkaの靴べら。

お客様からはデザインの制約は無く、おまかせで作ることになったわけですが、制約がない場合のデザインは100%自分のセンスによる作品になるので、自由な分、言い訳が出来ない仕事になります。
なのでそんな時は、ネットでの画像検索もしません。

だからと言って、靴べらに何万円もデザイン開発費をかけるのも現実的ではないので「思いつき一発勝負で」って企みも浮かびます。

でも、その一攫千金的な思考は、逆に手が動かず作業が進まないものです。

やっぱり、近道はないな〜・・・と悟って、試作を作り始めました。
デザインが定まるまで4本の靴べらを柔らかいパイン材で作って、使い勝手や握り心地を確認して、「OK!」となってようやく出来たのが今回の靴べらです。

寝ながらも頭に浮かんでくる始末。
枕に顔を埋めて、もやもやしながら浮かんだのがこのツイスト。(長い方)
デザインに「ひとひねり」。
まさにひねった造形です(苦笑)
どうやって作ったかは想像におまかせしますが、ねじり曲げていないことは事実。
nokkaの定番品にも加えたいなと考えています。

さて、
先ほど、ご依頼主のお客様へお届けして来ました。
喜んで頂いたようでホットします。。。
ありがとうございました。




2018年3月27日火曜日

卒業の季節ですね。

縁があって東北大学医学部スキー部(クロスカントリースキーチーム)のコーチを引受させて頂いてますが、この春も3人の教え子が今日卒業式を迎えました。
そして、4月2日には研修医として医療の現場で働き始めるとのことです。

彼らが卒業旅行で行ってきたフィンランド・ロバニエミの地ビールです。卒業旅行でクロスカントリースキーの本場で実際にレースに出てくるあたり、ちょっと変わり者の医者のタマゴたちですが(笑)、頂いたビールで「乾杯!卒業おめでとう!」

きっと、この先もクロスカントリースキーのように過酷な状況もあるでしょうけれど、6年間頑張ってきた彼らなら大丈夫でしょう。

そして、こちらの写真は、2年前に卒業してこの春から研修医を終えて脳外科医として働く教え子のダイニングセットです。
こちらも、昨日お届けして参りました。
新築のマンションにしっくり収まって、教え子も満足気な表情でした。
そして、秋には結婚もするそうで、忙しい中でもこうしてちゃんと生活を創りあげていく姿を見てると応援したくなります。
このテーブルで、どんな食事をするのかな〜って思いながら、一緒にトレーニングをして来たことも思い浮かべながら作らせて頂きました。
ありがとうございました。

新卒業生も、OBも、みんな病で苦しんでる患者さんの痛みを少しでも癒せるようにこれからも活躍して下さい!

2018年3月16日金曜日

1月末から久しぶりのブログになりました。
冬はクロスカントリースキーのコーチもしておりまして・・・。更に44歳にして現役クロスカントリースキー競技者。

ん(苦笑)
競技者となるのは、国民体育大会(国体)の時だけです。
今年は新潟県妙高高原で開催されました。
ちょうど平昌冬季五輪の時期でした。
平昌五輪はメダルの数がすごかったですね。僕が16年前行ったソルトレークシティー五輪の時は2個だけだったのに。。。
TVでは、メダリストのとても良いニュースを毎日のように見ることが出来ました。

でも、僕としては同じメダリストばかりじゃなく、できるだけ他の競技や選手も取り上げて欲しいな〜と思って見ていました。
オリンピック選手にはみんなそれぞれのストーリーがあるんですよね。

今年も国体に出場して僕のクラス(35歳以上)では50人中、31位でした。
かつて実業団の時には許されない順位です(笑)
でも、今は、いちクロスカントリースキー競技者として、何の制約もシガラミもなく、楽しく競技をするその他大勢のエキストラのような参加者みたいなものです。

そんな今だから感じることも。
大きな競技会では、優勝者、入賞者ばかり目立ちますが、それは、その他大勢の下位の選手がいるから際立つのだと。
もし、3人だけで競技したならば、全員メダリストということですが、なんだか凄いんだか凄くないんだか分かりません。
やはり、トップの選手はその他大勢の選手がいて際立つ。
今この歳で競技をしてみて、改めて感じた事です。

競技者はみんな主役です。

・・・オリンピックも代表選手になって現地へ行っても、出場機会がなくて帰ってくる選手だっているってこと。
意外と知られていませんよね。

さて、本業に関する事はと言えば。
写真のKotti。
国体の会場で「ホット・ポカリスェット」のお振る舞いがありました。
Kottiを持ち歩いていた僕は、写真のようにカップをKottiにつけて、ホットポカリを入れて頂きました。
ささやかな自己満足。
ささやかな優越感。
雪景色の中、カップの色合いもマッチしてました。

 そして、次の写真は、仙台市の「住文舎」というハウスビルダーとのコラボレーションで製作させて頂いたテーブルです。
建築士の牧田氏は、「家だけの提案ではなく、家具も合わせて提案したい。できればつくり手が見える家具を。」という企画でした。
お施主様を交えて打合せを重ねて生まれた三角楕円のテーブルです。
僕一人では作ることの無かったかもしれないデザインですが、こうして機会を頂いて出来上がったテーブルを見て、ありがたい気持ちになりました。

 それから、次の写真は、仙台市の「ザ・利光組」という造園会社さんの作品の一部を製作させて頂きました。
お庭の中心にある東屋。
雰囲気よく楽しめるように・・・と。
同じ年の親方さん。竹田利光氏。
独特の空気感で魅力的な方です。
仕事ぶりも刺激を受けます。




今年は、年初に「響働:きょうどう」というキーワードを掲げました。
人間の本質を説く高橋佳子氏の言葉です。

こうして、それぞれの持ち味を活かして、響きあいながら同じ志をもって向かうことで、その場に本当に現れるべくカタチが現実化するという意味だと解釈していますが、今回の2作品はそういう機会を頂いたお仕事でした。

まだまだ至らぬ僕ですが、色んな方のお仕事から刺激を受けてまた頑張ろうと思います。






2018年1月26日金曜日

ここ最近の仙台は雪。
気温も低く全く溶けません。

仙台にしては珍しく白い風景が毎日のように広がっていますが、僕にとっては雪景色はとても好きな風景です。

冬景色は白くなくっちゃ・・・。
って心の中では確定しています。

工房のストーブの近くは静かに温かく、ほんのり薪の燻した香りも立ち込める、ゆっくりした時間が流れています。

そんな中、今製作中なのは、ダイニングテーブルセット。
ブラックウォルナットで作っています。

さて、この寒さもいつまで続くのやら・・・。


2018年1月17日水曜日

キャンドルの光。
17歳の時、初めて渡った海外。
スウェーデンの北極圏、Gallivare「イェリバレ」という小さな町にクロスカントリースキーの合宿のため滞在していました。
11月の北極圏は昼でも夕暮れのような明るさ?というか暗さです。
そんな環境では、光がとてもありがたいと実感します。
ホテルのフロントにも、レストランの各テーブルにも、いたるところにキャンドルの光が灯っていました。
もちろん、電灯の明かりもあるのですが、なぜかキャンドルの光が明るくてホッとしたのを覚えています。

この季節、nokkaでも。

2017年12月15日金曜日

今日お渡しした作品。
ちょっと分かりにくいのですが、ガラスのコーヒーサーバーと、金属フィルターの間に挟むスペーサーのリングを製作させて頂きました。
依頼主様はモノづくりにも目利きのお客様です。
色々打合せをしながら、「後は工藤さんのデザインにおまかせ♪」って・・・。
これが一番プレッシャーです(苦笑)
機能と形。
使い勝手とリスク。
製作の難易度。
耐久性と経年変化。
そして使い手の気持ち。
それらを思案することを「デザイン」って言うのでしょうかね 。
お客様は本当に満足気な表情でした。
どんなデザインで仕上がってるかな?って想像していたそうです。
その想像通りだったので良かった〜って言って頂きました。
僕も嬉しかったです。

早速、お客様がその場で出来立ての木のリングを挟んで使い心地をチェック。
とても美味しいコーヒーを淹れて頂きました。
ありがとうございました。